終わり良ければすべて良し!?

 

こんにちは、佐野雅代です。

 

先日、無事卒園式を迎えた我が家の息子、

 




(家はともかく、幼稚園では)
「妹さん想いの優しいお兄ちゃんだね〜」
と言われるくらいに成長してくれました。


でも下の娘が生まれたばかりの頃は、いわゆるイヤイヤ期と赤ちゃん返りのダブルの壁にぶち当たり、


私も、息子にはいつもキツく当たってばかり。


これではダメだと、頭ではわかっていたものの、産後の体調不良や精神不安定などもあり、なかなか改善することができませんでした。


そんな状態を続けているうちに、息子が妹に対して、叩くことが増えてしまったり、私と同じようなきつい言葉を言ったりするようになってしまい、


これはマズイなと。。


そこでようやく、EQ(心の知能指数)のことや、子育てコーチングなども学びつつ、息子と真剣に向き合い始めたのです。


息子への接し方に関して、色々改善したことはありましたが、


英語や知育の取り組みが全然思うようにできないダメダメな日も、どんなにイライラしたりガミガミ言っちゃった日でも、


欠かさずに続けてきた、とてもオススメの方法があります。


それは、

「寝る前に必ず、子供にプラスの言葉をかけて1日を終えること」

です。


布団に入って1日を振り返り、良かったことがあれば、


「今日は◯◯に行って楽しかったね」

「今日は◯◯のお手伝いしてくれてありがとう」


といった感じで、素直にほめたり、喜んだりします。


特段良いことがなかった日や、全然ダメだったという日も、


「今日も1日が無事終わって良かったね」

「とにかく健康で生きててくれてありがとう」

「今日はたくさん怒っちゃったけど、本当はママは◯◯ちゃんが大好きだよ」


などなど、何でもいいので、とにかくプラスの言葉をかけるんです。



心理学の理論に、「ピークエンドの法則」というのがあるのですが、


人は、ある経験をして、それが良かったか悪かったかは、感情のピークと、その経験が終わった時のことで判断しているのだそうです。


例えば、イベント盛りだくさんの充実した夏休みを過ごしても、


最終日に宿題に追われて苦しい思いをしたら、何となく辛い夏休みだったな…という印象が残りますよね。


逆に、これといって何もない退屈な夏休みを過ごしていても、


最後に、家族みんなできれいな花火を見て感動したことで、ああ、良い夏休みだったなぁと思えたりすることってありますよね。


それと同じように、寝る前にプラスの言葉をかけて満足度や幸福感が上がると、


大人も子供も、その日1日に対する全体の評価が良くなって、


睡眠の質も上がり、次の日も快適に始められるようになるんです。


この言葉かけを続けてきたからこそ、


今では、だいぶ親子ともに心穏やかに、きちんと話し合えるようになってきました。


(それでも、やっぱり息子には、ガミガミ言っちゃうことも多いんですけどね。。)


もし、何か言葉をかけることが難しいようであれば、


ただただ、子供をギュッと抱きしめてあげるだけでもOK。


「終わり良ければすべて良し!」


と思って、ぜひママも子供も、お互いに幸せな気持ちで1日を終えられるといいですね。

 

 

おうち英語に熱心なママさんたちや可愛い子供たちが集まって、気分転換や仲間との交流、そしてちょっとした学びの時間を過ごす、

 

「サウンドイングリッシュ親子サロン」では、

 

英語だけではなく、子育てに関するお悩み相談ももちろん大歓迎です。

 

ただいま、コロナの影響でお困りのママさん応援特別価格となっておりますので、

 

ご興味のある方は、こちらからぜひご参加ください。↓

 

サウンドイングリッシュ親子サロン


ご登録いただいた方へ、詳しい参加方法などお知らせさせていただきますね。



ご質問などありましたら、いつでも遠慮なくお問い合わせください。↓

お問い合わせフォーム



おうち英語を頑張るママさんたちの心の支えになれたら、とても嬉しいです。

 

それでは、また。

 

 
 
 
【伝わる英語と人間力を育む】

 

【YouTube】

 

【英語音完全攻略講座】

リズムに乗れば、英語が聞こえる、自信を持って話せる

英語の音を知れば、読み書きの力も伸びていく!

歌と絵本で、英語の「音とリズム」を体に落とし込む、これまでにない新しいプログラムです。

詳しくはこちら

 

【SE Mom’s College】

 

サウンドイングリッシュの全メソッドを身につけ、自信を持って「伝える」活動をするための実力をつけたいお母さんたちの学びと交流の場です。

※オンライン説明会実施中

詳しくはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です