世界中の「歯が抜けたらどうする?」がわかる絵本

 

こんにちは、佐野雅代です。

 

冬休み明け頃に、初めて下の歯がグラグラしていることに気づいた息子。


いつ抜けるんだろうねぇ~
楽しみだねぇ~


とワクワクしていましたが、


そうこうしているうちに、下から大人の歯が生えてきてしまい、


歯医者さんで、あえなく強制撤去となりました笑

 

今は、アメリカやイギリスのように、抜けた歯を枕の下に置いて、Tooth Fairyが来るのを待つというお子さんもいらっしゃるみたいですが、


息子は、日本式がお好みのようで、屋根に向かって思いっきり投げました。

 

ちなみに、我が家では、周りのお友達の歯が抜け始めた頃から、こちらの英語絵本をよく読んでいました。↓

 

Throw Your Tooth on the Roof
~Tooth Traditions from Around the World~

 

結構文字が多めで、絵本というよりは、どちらかと言うと図鑑のような感じなのですが、


世界中の、歯が抜けたときの習慣を知ることができる、とても面白い1冊です。


・Tooth Fairyが歯をコインに変えてくれる国


・歯が丈夫なネズミさんに持っていってもらう国


・お日様に向かって願いをかける国


・日本と同じように屋根や縁側に向かって投げる国など…


やり方は国によって本当に様々ですが、


丈夫な大人の歯が生えてきてほしいという願いは、世界共通なんだなぁと、とても温かい気持ちになりました。


よろしければ、ご覧になってみてくださいね。

 

ちなみに、


2月21日、22日のバイリンガル絵本クラブでは、このような感じの、英語図鑑を色々とご紹介していく予定です。

 

 

というのも、私、英語図鑑が大好きなんです!

 

この圧倒的な情報量が、知的好奇心をくすぐるといいますか…


自分の知らなかった世界がどんどん広がっていく感じ、


自分の好きな世界がますます深まっていく感じが、とても楽しいのです。


やっぱり、親が楽しんでいる気持ちは子供たちにも伝わるようで、


我が家では、最近は特に、絵本より図鑑を開いている時間の方が長いかもしれません。

 

でも、情報量が多いゆえに、


特に、英語を見ると一言一句読まなきゃ、理解しなきゃと思ってしまう、真面目な日本人ママたちにとっては、


英語図鑑って、ちょっとハードルが高いみたいですね…。


でも、「難しそう」というイメージで英語図鑑を敬遠してしまうのは、本当にもったいない!


そこで、我が家で楽しんでいる英語図鑑の紹介とともに、


気軽に図鑑を楽しむ方法もお話ししていこうと思います。


よろしければ、遊びにいらしてくださいね。↓


【英語図鑑特集】
サウンドイングリッシュ de バイリンガル絵本クラブ

 


1ヵ月前ではありますが、すでにリアル、オンラインとも席が埋まりつつありますので、今回は、お早めがいいかもしれません。

 

それでは、また。

 

 

【1月31日までの特別価格】

 

【YouTube】

 

【英語音完全攻略講座】

CDやDVDのかけ流しから一歩ステップアップしたママたちが、必ずと言っていいほどぶつかる「英語の発音」の悩みをスッキリ解消いたします!

詳しくはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です